痛いのイタイの飛んでいけ~(^^♪

ご覧いただきありがとうございます♪

QOMはり・きゅう院の上野です♪



今回は「痛み、辛さ」についてお話します。


結論から伝えると、「怖い」です。

なんのこっちゃわかりませんね。笑



・なぜ?

・どうしたら?

・大丈夫です!

の順番でお話します!



では、「なぜ?」

いろいろ調べていくと、男性は腰痛が多く、女性は肩こりが多いという結果があります。

正直これといった原因はわかりません。医学の中でもわかっていません。

僕の見解からすると、男女の体の構造の違いや筋肉量の違いなどでこのような結果がでていると思います。

痛みや辛さ、いつもと違う感じとなった時にみなさんどうされますか?

整形外科や治療院にいきますよね?

整形外科では診断をされます。

ヘルニア、問題ない、疲労からきている、などなど、僕はザックリ書いてますが、丁寧に説明してくれると思います。

そして、そこまでの原因ではなかったら、痛み止め薬や湿布で様子みてくださいが多いですよね?汗

患者さん「え〜並んで待ったあげくそれだけ?」と心の中が言ってそうですね。笑

治療院に行くと、いろいろと徒手検査と言って体を触ったり動かしたり、力をいれさせたりと原因を探ります。(病院でもしてくれるところはあります。主に画像診断が多いように思われますが。)

その結果、姿勢や筋肉疲労からきているのではないかと判断されます。

患者さん「え〜そんなもんなん。」と心の中が言ってますね。笑

病院も治療院も、重大な疾患が隠れてそうなら慎重に話を進めていきます。

原因というのは80%程はわからないと言われていて、あとの20%はヘルニアや違う疾患からきてると統計では出ています。

人それぞれ痛みの感覚は様々です。

その中で痛みを我慢する、日常的に体を労ってあげてないと大きいことになりかねません。



次に「どうしたら?」

まず、違和感や痛みが出てきたら、日常生活を見直してみてください。

そこでほとんどの方が、「あ〜これかな。。。」と気づくものがあるはずです。

そこで改善できることがいいですが、できない人は動いてください!(すごいザックリ。笑)

例えば、ずっと同じ姿勢で過ごしている人は、途中で必ず立つ、動く、しゃがむ、伸びをする。(具体的には30分〜60分に1回)

動きすぎ、力の負担をかけ過ぎの人はそのペースを落とす、筋肉を柔らかくするためにストレッチやお風呂に浸かる、要は体を温めるといったことをしてください。(これは同じ姿勢をとってる人にも当てはまります。)

え〜そんなことで良くなるの?と聞こえてきそうです(^.^;

はい!何もしないよりかは絶対よくなります(^^♪

それプラス、根本から改善を考えると病院や治療院で診てもらい、アドバイスを聞いてください!

伝えてくれない場合は、ご自身で必ず聞いてください!

遠慮することはありません!

この人たち(医師、柔道整復師、鍼灸師、理学療法士etc)は一般の人たちより体のことを熟知しています。

ご自身の体のことですから、興味を持って聞いてください。

ただ、聞くだけでは駄目ですよ!

そのアドバイスを自分なりに解釈し、できるかぎり実行する、と決めて聞いてくださいね。



そして「大丈夫です!」

というと何が大丈夫なん?どう大丈夫なん?と。。。笑

もう一度お伝えします。

自分の体に興味を持って上げてください。

痛みや違和感がでたら、上記の書いてることを実行してください。

最後に本当の本当の原因は「筋肉」です!

筋肉は原因にもなるし、良い要因にもなります。

筋肉をいじめすぎると固めちゃいます。(脳が勝手に守ろうとするからです)それが痛みの原因。

人の精神と一緒です。ガヤガヤ言われる、チクチク言われる、すると人は萎縮してしまいますよね。

筋肉を優しく扱ってあげる、いい具合の緊張を与えてあげて、伸びをさせてあげてる。

すると良い質の筋肉になるので生き生きと動いてくれます。

人の精神も良い緊張具合と伸びができる楽しいことをすると生き生きとしますよね(>ω<)

一緒の姿勢、過重労働が蓄積してしまうと怖いことになりかねません。。。

日本人は世界に比べると働きすぎと言われています。

いい面では経済大国と誇らしいことも言われていますが、健康面に関してはワーストの国です。




だからこそ医療も発達するのは当たり前ですね。

大きいことになる前に、小さいうちに抑えておきまさょう。

日本の医療人は素晴らしい方たちです。

ただ、患者さんの痛みや辛さを取り除くお手伝いのスペシャリストなだけです。

なので、自ら自分の体は治ると信じ行動をし、それプラス医療人に頼ってください!

そうすることで相乗効果が生まれ、痛みや辛さのない体になります(*>_<*)ノ

二人三脚が大切ということです!

長らくお付き合いいただきありがとうございます♪



お電話、又はLINEでのご予約、ネット予約でお待ちしております。

LINE予約時

①お名前

②ご予約の日時

③メニュー(決まっていれば記載ください)

③現在の体の状態(簡単で結構です)

④他の質問(気になることがありましたら)

上記の記載の上、ご連絡ください。

LINEの方がスムーズだと思いますので是非ご活用ください。

よろしくお願いします♪

返信はなるべく早くさせていただきます。

----------------

Instagram 検索は@qom0916(DMからのご予約も参ります)

LINE 電話番号検索 070-4415-1795(予約、お問い合わせ専用)

「格安SIMカードの場合は電話番号検索が不可能です。ご了承ください。」

----------------

21回の閲覧

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。