東洋医学+西洋医学(痛み、辛さ解決)

ご覧いただきありがとうございます。

JR久宝寺駅から徒歩2分にあるQOMはり・きゅう院の上野です(^^♪





さて、今回の題は「東洋医学+西洋医学」です。


必ず耳にする言葉ですね(^_-)-☆




そこで、なんとなくでもいいですが、説明できますかね??




簡単に結論から言いますと、西洋医学は必ずみなさんが通ったことのある病院の診療のことを言います、処方薬、手術、などで診ます。診る判断として特定できる病(やまい)に対して処置を行ってくれることです。(痛みのある箇所を特定して診ます)




次に東洋医学は、みなさんがよく聞く、ツボ、鍼灸、マッサージ、漢方(これらは施術の時に使う名所です)などを用いて患者さんを診ます。その診る判断として「症状」を全身から診ます。




要は西洋医学は痛みのある部分のみに特化した医療、東洋医学は全身の身体をみた医療ということです。



さて優れている医学はどちらでしょう。。。。笑



聞かなくてもわかりますね(;^ω^)



それはもちろん西洋医学です。日本ではお医者さんは重宝されています。



でも、重宝されすぎて求められすぎて、お医者さんの身体が。。。。長時間勤務、医師不足とも言われていて、現役のお医者さんたちが猫の手も借りたい状態になっています。




確かに日本は医師免許というのは医療従事者としての確立は絶対的なものです。



西洋医学が日本で急成長してきたのは戦後のことで、過去を遡ると200年ほど前と言われています。

それに対して、東洋医学は2000年前ぐらいから日本の医療として支えてきた医学です。



さて、比べてみると歴史が古いのは東洋医学、優れている医療は西洋医学。



これは。。。。。比べて比較するものではありません。





どちらも得意、不得意があるのです(^^)/


西洋医学は「病気になった、怪我をした、だから治療する」、いわゆる対処療法。


東洋医学は「病気にならない健康な体を作る」「病気になったら自己免疫力を高めて治す」という、いわゆる「予防医学」です。


どちらも人の体にとって必要不可欠な医療です(^^♪




痛みや病気を緩和させて、よりよい人生を送ってもらいたいという意思は同じなのです。


ここ近年、「総合医療」という言葉がでてきています。


日本は西洋医学が主流ですが、近年息詰まってきている状態でもあるため、他の医学を取り入れ一緒にチームを組んで患者さんの体を守ろうとする取り組みが行われています。


まだまだ医学は発展途上です。





医学全体がチームを組むことで、誰もが悩んでいる「肩こり、腰痛」など、体に異変がある人たち、今苦しんでいる人たちをもっと救えます。


医療従事者が力を合わせるのはこれから先、必ず行われていきます。


あともう一つの力が必要です!!


それはあなたです(^^♪


医学に携わる人間として、人を助けたいという想いはどの医療従事者たちも気持ちは同じです。


なので信じて、心身ともに頼っていただいて力になっていただくことが僕たちの願いです(^^)/



宜しくお願い致します♪





はい、ここで先日僕が経験した出来事(まったく上記とは関係ありません(;^ω^))




先日、久々にバスケットボールをしました。したと言ってもシューティングだけです♪笑


シューティングというのはシュート練習みたいな感じです。


1時間程、本数を決めて打ちました(^^)/


300本程。


これは打った数です。入ったのは4分の1ぐらいですかね(;^ω^)笑


ボールのつく音、シュートの入る音、シューズがキュッとなる音、その空間の香り。


ホントに懐かしくてワクワクしながら汗をかけました(^^♪


大好きなスポーツはたまりません!!


以上、僕の経験でした(^^♪笑




----------------

Instagram 検索はqom0916

LINE 電話番号検索 070-4415-1795(予約、お問い合わせ専用)

----------------

#西洋医学

#東洋医学

#予防医学

#美容鍼

#未病

#ストレス解消

#腰痛解消

#肩こり改善

#原因

#身体を知る

#改善したい

#食事

#不眠をなくしたい

#運動をしたい

#前向き

#笑顔

#痛くない

#鍼灸師

#素敵な空間

#スポーツをしたい

#痛み

#辛い

#鍼は痛い

#お灸は熱い

#鍼灸治療

#JR久宝寺

#JR八尾

#八尾市民

#大阪市民

#東大阪市民

#姿勢を良くしたい

10回の閲覧

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。